CLOSE

先輩の声 先輩の声

佐藤 史頼

層雲峡温泉 朝陽リゾートホテル
宴会・レストラン 統括マネージャー
2001年3月入社

多くの人の繋がりがホテルを作り上げます。
一人ではできないことも、一緒ならやり遂げられます。

お客様に「安心・安全・ゆったりとした空間」でお食事をお楽しみいただけるよう、責任者としてスタッフと力を合わせて会場づくりを行っています。ホテルに就職した当初、先輩から言われた「失敗を恐れず伸び伸び仕事をしなさい」という一言が今の自分の成長に繋がっています。
この言葉をスタッフたちに伝えていますが、常にチャレンジ精神を持って仕事に励みたいと心がけています。皆さんは「ホテル」と聞くと何を思い浮かべますか?料理、温泉、景色・・・そのすべてがお客様にとって一期一会です。そのお手伝いができる仕事がホテルマン・ホテルウーマンです。多くのお客様やスタッフ同士の繋がりがホテルを作り上げていきます。皆さんと一緒にホテルで仕事をできる日を楽しみにしています。

有馬 茉穂

野口観光ホテルプロフェッショナル学院
総合ホテル学科2年
2018年3月入社

ホテルの仕事に欠かせないのは、笑顔と元気。
全力で取り組むことで自信が付き、いい笑顔ができます。

ホテル業を目指したのは、相手が喜び笑顔になってもらえることが好きだったからです。歓迎の仕方やサービスは職場や人によって違うので、私らしい接客でお客様に喜んでいただけたら嬉しく思います。現在、私はホテルに勤務しながら、平日の一部で授業を受けています。ホテル業務や観光、パソコン、語学などを勉強し、また、検定取得にも取り組んでいます。技術や知識を広く深く身につけ、いつどこでも「即戦力」として活躍できるように努力しています。
ホテル業は、常に「見られている」ことを意識しなければいけない職業だと思うので、どんな時も笑顔と元気が欠かせません。自分に自信がなければいい笑顔ができないので、後輩の皆さんは失敗を恐れず何事も自信を持って全力で取り組んでほしいと思います。

髙田 和夫

ザ レイクビュー TOYA 乃の風リゾート
副支配人 兼 総料理長
2012年4月入社

料理を提供することは命を預かること。
自分で決めた職業に誇りを持って取り組んでください。

総料理長として、毎日安全に調理されているか、サービスサイドが連携されているか等、各現場を回ってチェックしています。お客様に料理を召し上がっていただくことは命を預かることにもつながるので、白衣を着ると緊張感が湧いてきます。安全に料理が提供でき、「美味しかった」と声をいただける時が一番嬉しくやりがいを感じます。
心がけていることは、洞爺湖のホテルでいつも一番の評価を得ることです。また、今まで培ってきた自分の経験を活かして後輩たちが成長し、野口観光の料理長に巣立っていってほしいと思っています。私は中学時代から料理を作ることが好きで、将来は料理人になろうと思い続けていました。皆さんも自分で決めた職業に誇りを持って頑張ってください。

野坂 泰輔

新苫小牧プリンスホテル「和~なごみ~」
副支配人
2012年9月入社

ホテル業は、様々な職種が集まって成り立ちます。
自分に合う仕事とやりがいを見つけてください。

私の主な仕事は、旅行サイトで販売する宿泊プランの作成や各旅行会社との商談、宿泊リストや各種資料の作成などです。自分が考えたプランがヒット商品になった時は、とてもうれしくやりがいを感じます。ホテルに就職して一番印象に残っていることは、今の職場である新苫小牧プリンスホテル「和~なごみ~」のオープンに携わったことです。多忙な日々でしたが自分自身のスキルアップになりました。
皆さんの中には将来の明確な夢を持っていない方もいるかと思います。そんな人ほどホテル業を経験して欲しいです。営業、接客、事務など様々な仕事が集まって成り立っているので、きっと自分に合う仕事が見つかります。ホテル業のやりがいや面白さを学べる当学院で、ホテルの次代を担う一員になってください。